大阪一点突破カウンセリングCBT臨床心理士の舩曳です。

 

あなたは支払いコストということを意識したことはありますか?

 

買う時にあなたはお金を出すことに、少なからず痛みを感じているはずです。

 

しかし、それ以上に得られるもの(商品やサービス)があるから、普段は気になりません。

 

そのため、売る側(企業)は常によりお得な商品を作り続ける必要があります。

 

場合によっては赤字でもシェアを取るために安くして売るという手法を取るところもあるでしょう。

 

しかし、近年は「分割手数料を企業側が負担」「最初のお試しセットはかなり格安or無料で」という手法が主流になってきています。

 

「企業側がこれだけのことをしてくれているんだからここで買おう」「ここで買うとお得だわ」そう思って、買うお客さんはそのお店で買っていきます。

 

これを心理学の用語で返報性の原理と言います。

 

好意を受けたら、同じくらいの好意で返すということですね。

 

前置きが長くなりましたが、うちのサービスで定額制が人気なのも理由があります。それは・・・

 

使わなかった分は利子を付けて返金保証をしているからです!実際これは今まで受けたことのある人にしかお伝えしていないのですが。

 

要は貯蓄型の保険のような形にしているので、支払う側は痛みが少なく、かつ返って来る時には利子も付いているという状態です。

 

支払うことに対する痛みというコストが発生していることを理解しているとこのような対策も取れるのです。

 

 

もしあなたのサービスが今売れないのであれば、そこに発生するお客さん側の痛みを理解していないせいかもしれません。

 

是非一度あなたの中で、振り返りの時間を持ってみて下さいね。

 

お得な特典無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

はこちらから。

無料レポートお受け取り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です