DSC 0822

こんにちは、大阪一点突破カウンセリングCBTの舩曳です。

 

もうサクラも葉桜になって、ピンク色から緑の色が鮮やかになってきましたね。

少し物悲しいですが、これから暖かくなっていくんだと思うと、心がウキウキします。

 

さて、年度も変わり慌ただしく過ごしておりますが、1年前を振り返りつつ、近況報告をさせていただきます。

 

1年と少し前、私は大阪府の公務員として、内示を受け、以前倒れた職場に転勤することが決まっていました。

前所長から「内示断るってことは、公務員辞めるのか?もったいない」

所長が半笑いしながら、そう言われた言葉が今でも耳に残っています。結果としてはもちろんそれが今に繋がっているのでよかったとは思えるのですが(笑)

 

そのため、倒れた職場でこの時期の花見(その施設では児童と新規転入職員との交流会も兼ねて花見をします)を空々しく思いながら参加していたのを思い出しました。

 

先ほども言いましたが、今思うともし他の職場だったら、公務員は辞めていなかったと思うし、そうこうするうちに開業するという選択肢は選べなくなっていたかと思います。そうして60歳を迎えた時に、大きな後悔を抱えていたことも容易に想像出来ます。

 

一方で今は本当に半年まるっとかかりましたが、この10ヶ月の間に、国税局や労働局など公的機関の業務を委託されるまでになり、拠点も梅田、心斎橋、新大阪と少し前からは信じられないくらいの相談室を抱えるまでになりました。

 

あの時は「はぁ、もう辞めるしかないのか・・・」との思いだった心も、「今めっちゃ楽しい!」と心底思えている自分が居ます。

本当にあの内示や、諦めさせるためにその時の環境を用意してくれた大阪府には本当に感謝しています。

 

いつかは当時の上司にメンタルヘルス研修をして、「おかげでここまで来れました!」と言うのが楽しみだったりします(笑)

 

人生には無駄はなく、全ては必然で動いているなと感じる中で、新年度を迎えられたことを本当にありがたく思っています。

 

同じように会社や社会の仕組みに苦しんでいる方の力になれるよう、今後も精進していきますので、よろしくお願いいたします。

 

いつかあなたの不遇だと思えた環境が「ああ、このための必然だったのか」と心の底から思えることを願って・・・

DSC_0823

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です