L 309

大阪一点突破カウンセリングCBT臨床心理士の舩曳です。
実際私の周りでも自己PRがすごく上手な人もいれば、
自己PRが苦手な人2種類がいます。

同じくらいの実力であっても、
自己PRが上手だと実力以上に見えるので得するのは

お分かりですよね。

一方で自己PRが下手だと同じくらいの実力なのに、
それよりも下に見られてしまいますので
損をしてしまいます。

例えばAさんとBさんという人がいて
どちらも能力が100だとします。

でもAさんは自己PRが上手なので、
110とか120といったように、
自分の実力以上の能力に見せることができます。

 

自分も公務員時代に

こういうAさんが周りにたくさん居ました。

一方でBさんは自己PRが下手なので、
90とか80といったように、
実際の能力より低く見られてしまいます。

 

こういう方も実は公務員でいて、

個人的には大好きなんですが、

上司からの評価はイマイチで不遇な

評価を受けていました。

どっちが得するかというと…

自己PRが得意な人なAさんの方が得するわけですね。

そうはいっても自己PRは苦手で、
うまくいかないという人もいると思います。

自己PRは苦手だけれども
悔しい思いはしたくない、損したくはない。

安心してください。

そういう人にお勧めな方法が一つあります。

一体何かと言うと…

第三者に推薦してもらう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

自己PRを自分でするのが苦手だったら、
誰か他の実力のある人や権威のある人に
自分を推薦してもらうのがいいです。

そうすると自己PRが下手くそでも
第三者のすごい人からお墨付きをもらうことで、

「あぁ、あの人はあのすごいCさんがすごいと言っているから
だから、あの人もきっとすごいんだ。」

というふうに思ってもらうことができます。

なんだか子供じみた話しに聞こえますが
でも、これは大人の世界で起きている話しです。

そもそも、権威のある、すごい人というのは
そうカンタンに誰でも彼でも褒めたり
すごいと言わないものですから。

だから、すごい人からすごいと
あと推ししてもらえる時点でやはりすごいわけです。

こうすることによって、
自己PRが下手でも自分の実力を「間接的に」アピールして
仕事や売り上げにつなげていくことができるようになります。

ただ、もともとの大前提として
すごい人や権威のある人からお墨付きをもらうためには、

そもそもの実力をちゃんと身につけておかないと
そのような評価はもらえないことが多いので、
そこは誤解しないようにしましょう。

ちゃんと実力や能力があるんだけど、
口下手な方や自己PRが下手な人の場合、
第三者からお墨付きをもらうという方法はすごくお勧めです。

一番いいのはちゃんと実力を身につけて、
自分でもアピールできるだけの力があること。

自分でもPR出来つつ、

世間で「すごい!」と言われる方から

推薦してもらう。

 

こうすることで、あなたの力は

100が200にも300にも見せることが出来るようになります。

私自身、自己PRは必要最小限ですが、
そうはいってもめっちゃ得意ではないです。
上手い人は本当に上手いので。

でもそんなに上手くない私でも第三者の推薦の声などで
助けてもらうことによって、なんとかやれているのもまた事実です。

 

仲良くさせていただきましたら、

推薦文もお書きしますので(どう役立つかは分かりませんが(笑))、

是非その際はご連絡下さい。

 

ブログの更新通知、

またお得な特典が登録時にもらえる、

メルマガ登録はこちらから。

119.26.105.193

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です