SnapCrab NoName 2015 11 5 17 34 2 No 00

ようこそ、舩曳です。

 

前回は人生の悩みをターゲットにした「ABテスト」というものを書かせていただきました。

 

今回はとってもシンプルにマーケティングに使うABテストをお伝えします。

 

多くのビジネスにおいて、ホームページは必須アイテムです。

 

あなたは業者さんに作ってもらったなら、その業者の考えの、またはあなたが自作のホームページであれば自分の考えで、キーワードのSEO(サーチエンジン最適化)をしていることでしょう。

 

要はお相手の方に「なんて検索してほしいか」を想定したホームページ作りをしているはずです。

 

で、実際その入れるべきキーワードですが、実際にページを作らなくても、このツールを使えば、一発で検索ボリュームが分かります。

 

gmailアカウントがあれば誰でも使えるツールですが、地域密着型ビジネスされている方で知らない方も居るようなので、ここで少しだけ使い方の説明をしておきます。

 

「Googleキーワドプランナーツール」というものです。

 

ここから始めます。

https://adwords.google.com/KeywordPlanner#start

特にインストールも必要ないツールです。

 

SnapCrab_NoName_2015-11-5_17-4-24_No-00

右上のログインボタンをクリック。

 

そうしたらgmailにログインするよう言われるので、アドレスとパスを入力。まだアカウント取っていない方は、gmailから登録してください。

 

こんな画面になります。SnapCrab_NoName_2015-11-5_17-6-30_No-00

もしすぐキーワードプランナーが起動しなければ、運用ツールをクリックし、

SnapCrab_NoName_2015-11-5_17-6-44_No-00

下から3段目、キーワードプランナーをクリック。

 

ターゲット設定は日本、日本語となるように選択しておいてください。

 

あとは、自分が提供しようと思っている、あるいは上位に表示したいと思っているキーワードを入れます。

SnapCrab_NoName_2015-11-5_17-9-32_No-00

ここの「宣伝する商品やサービス」にキーワードを入れます。例えば「自然派食品を扱う喫茶店」を開こうと考え、「自然派食品」と「喫茶店」、「ナチュラル 喫茶店」を試しに入れてみました。

SnapCrab_NoName_2015-11-5_17-20-8_No-00

SnapCrab_NoName_2015-11-5_17-20-23_No-00

このことから類似キーワードの下りは置いておいたとして、「カフェ」と検索する人は月に117690件、「喫茶店」と検索する人は8490件あることが分かりました。

 

このことからお店を出すなら、「カフェ」カテゴリーで出す方がよく検索され、喫茶店の方が競合が少ないことが分かります。

 

どちらの路線を目指すかによりますが、最初オープンして認知度が高まるまでは、カフェ路線で行った方が検索してくれる人の数は多いことが分かります。

 

このように実際にHP作ってみて、「今月アクセス少ないな」と思うより前に、一度これらのキーワードでどれだけ検索されているのかお探しください。

 

知ってる人は知っている、知らない人にとってはめっちゃ便利で目からうろこなツールのご紹介でした。

 

Googleキーワドプランナーはこちらから。

https://adwords.google.com/KeywordPlanner#start

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です