Header

もしかしたらみなさんも体験があるかもしれません。

「なぜ相手は何回も同じ相談を繰り返ししてくるのだろう?」

「状況を変えたいと言っていたはずなのに、なぜ行動をしないのか?」

 

この心理も理解しておくことで、

相手のことを理解しやすくなるので、

今回はここをお伝えしたいと思います。

 

慣性の法則

中学くらいで今は習うそうですが、

この慣性の法則というのが人間の心理にも働きます。

 

すなわち

「動いているものは動き続けようとするし、

止まっているものは止まり続けようとする」

ということです。

 

シンプルに考えるなら、

 口では期待していると言っても、状況の変化は本人にはストレスとなることが多いので、

本音のところでは変わりたくないと思っていることがある

ということですね。

 

これは相談を受ける側として、

知っておいた方がいいことだと思います。

 

口で言っていることと、

心の底で望んでいることが

必ずしも一致しない

ということです。

 

疾病利得

先ほどはあえて

「シンプルに言うと」と言いました。

 

もう少し深く考えてみるとどうでしょう。

心理学の世界では、「疾病利得」という言葉が存在します。

 

すなわち、

・愚痴を言わなきゃいけない状況

・変わりたいと言いながらも、今居る状況

が実はご本人にとって、得があるという状態です。

 

神経症などで多いのですが、

「胸がドキドキするから、苦手なことと直面化せずに済む」

ような状況です。

 

具体的に言うなら、

恋愛相談はするけど、なかなか具体的な行動に移らない。

それは、振られて傷つきたくないからだ

のように考えると分かりやすいかと思います。

 

その状況がなくなる(片思いでなくなる)と、

逆に困ることになるから、

今の状況の方が楽であるということですね。

 

 

同じことを繰り返して話す人の場合、

上記のような状況か、

あるいは私の専門である、

発達障害の可能性もあります。

 

もし迷ったら一度ご相談下さい。

 

臨床心理士の舩曳@大阪。

30分無料電話相談対応&スカイプ相談対応実施中

40uvgbb4fmt7ofq1475384469_1475384557

qtez53dt3czfklh1475449889_1475449928

無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

はこちらからダウンロード出来ます。

4yg6e6xwdjucm1h1475449972_1475450026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です