20140318105803d69

おはようございます!
オンライン一点突破セラピーの舩曳です。

 

セラピーとは

セラピーに限らないですが、
私は何を始めるにしても、
枠組みということをとても大事にしています。

 
時間や場所という枠組みもですが、

契約

というのも1つの枠組みになると思います。

 

セラピーの話に戻します。

 

人がうまく行っていないと感じているとき、
多くの場合は、

環境が原因(「環境のせい」)

と考えてしまうことがあるようです。

 

先日も離婚を相手から提示されており、
うつっぽくなっている方からご相談を受けました。
詳細は省きますが、

 

要点は「なんで私を捨てるの!?」

「相手の気持ちを変えたい(離婚を思い留めさせたい)」
というものでした。

 

ですが動画でも伝えていますが、

変えられるのは自分と未来だけであり、
他人や過去を変えることは出来ません。

 

これを考え方の癖(認知)と言うのですが、
どうあっても変えられない、

他人や過去を変えようとすると、
うまくいくときもあるかもしれませんが、
ほとんどの場合はうまく行きません。

 

なぜなら相手の気持ちは相手のものだからです。
そのため、枠組みとして、
「相手を変えようとしないこと。変えるなら自分を変えること」
をゴールとして設定をしようとしました。

 

しかし、その方はどうしても納得出来ないようで、
風のうわさで他の相談機関に行くことにされたとお聞きしました。
どうしても「相手を変えたかった」ようです。

 

まとめ
・相手を変えようとしない。変わるなら自分。
・ゴール設定をするためには枠組みが必要。
・枠組みの話しが共有されて初めてセラピーは効果を発揮する。
今後セラピストを使う場合も使わない場合も、
何に焦点を当てることがゴールを達成するためには効果が高いか、
是非一度考えて見て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です