心理学活用潜在意識活用自己実現ー自己実現と成長

限界を超えて、殻を破る方法

自己実現セラピーCBT 臨床心理士の舩曳です。

 

自分のパフォーマンスが高い時、
それってどんな時だと思いますか?

のびのびとやりたいことを
やっている時。

時間も忘れて夢中になって
好きなことをしている時。

そんな時はパフォーマンスは上がります。

とても当たり前のことですね♪

「さあ、やるぞ!」と意欲的な時には、
すごくやる気が出てきて頑張れます。

当然ながら、やりたくないことを
する時はパフォーマンスが下がります。

しかし本当に力が発揮できるのは、
崖っぷちに立って必死になっている時です。

それこそ決死の覚悟です。

普段では出ない力が発揮されます。

切羽詰まって超集中して
どうにかしようとします。

すると自分が思っている限界を
超えて行動できます。

自分で課している限界は
本当の限界ではありません。

切羽詰まった時に出るバカ力、
火事場のバカ力がまだ潜んでいます。

もう後には引けないという必死感が
とんでもない力を発揮させます。

楽な道と茨の道があれば、
茨の道を進みましょう!

そうすることによって、
自分の殻が破れるからです。

成長したいなら、
自分の限界を突破したいなら、

常にハードルが高い方を選択して、
現状突破しましょう。

調子よくうまくいっている時は
流れに乗って順風満帆に進みます。

力は発揮しやすいですが、
今の自分の枠内だけに
甘んじてしまいがちです。

物事が順調にうまく進み続けると、
慢心しやすくなります。

つい油断してしまって、
物事を甘く見たり、失態を犯したり
してしまいがちです。

自分はすごいと過信してしまって、
突っ走りすぎてコケてしまうことも
よくあります。

調子よく進んでいる時は、
謙虚さを忘れないようにし、

崖っぷちで切羽詰まっている時は、
成長のチャンスだ!と思い、
全力で限界までフルスロットルして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です