自己実現ー自己実現と成長自己実現心理学ビジネス編

一歩踏み込み、リスクを負うこと

自己実現セラピーCBT臨床心理士の舩曳です。

 

百田尚樹さんの言葉です。

「 相手の剣の届くところに
身を置かねば、
自分の剣もまた届かない 」(影法師・講談社文庫)

『影法師』に登場する
剣術の道場主の言葉です。

誰だって真剣で戦うときは、
傷を負わずに勝ちたいと
思うことでしょう。

しかし敵の剣が届かないところで、
いくら剣を振り回しても、
こちらの剣は相手に届かず、
とても相手を斬ることは出来ません。

相手を斬ろうと思えば、
敵の剣の間合いに
自ら入らなければならないのです。

これはあらゆる勝負に
言えることです。

ビジネスでも、
投資でも、
それこそギャンブルでも
大きく勝とうと思えば、
大きく張らないといけない。

自分だけ安全圏に居て、
声だけを発してもダメなのです。

それは、
「 自分だけ傷つかずに
相手を斬ろうとしていること 」

に他なりません。

人と同じことをやっていては、
大きな失敗もしない代わりに、
大成功もありません。

結局、
自分が傷つくリスクを一つも取れないようでは
最終的に大きな勝利を
得ることはできないということです。

少しくらい叩かれるリスクがないと
絶対成功しません。

そしてこれは
ビジネスや金儲けに限りません。

人間関係や恋愛においても同じです。

傷つくリスクも顧みず、
相手の懐に深く飛び込むからこそ、
本物の人間関係が築かれますし、
恋も成就するのです。

嫌われることを恐れてばかりいて、
大事な一歩を踏み込めずにいては、
何も生まれません。

人生も同じです。

一歩踏み出すという行動を
起こさなければ何も生まれません。

あなたにとって

「 相手の剣の届くところに身を置くこと 」

とはどんなことですか?

それは本当に一歩踏み込んでいますか?

リスクを顧みず、
斬りに行っていますか?

一歩を踏み出さなければ
何も生まれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です