SnapCrab NoName 2017 12 5 8 27 9 No 00

臨床心理士の舩曳です。

続けてになりますが、専門家によるニュース解説サイトJIJOCOさんに掲載されることとなりました。

 

テーマは

【仕事にやる気を出すための仕組みがありますか?行動分析学のススメ】

です。

 

大阪市内の小学校で、児童の不適応行動に悩む教職員の先生方向けに研修した内容の一部抜粋になります。

経営者や社長の方もお読みいただいているかと思いますので、小学校を「会社」に、児童を「社員」に、先生を「経営者」に、置き換えてお読みいただけたらしっくり来やすいようにも書かせていただいています。

 

実は「行動」というものは奥が深く、ちゃんと行動をマネージメント出来ている方は多くはありません。そして不適応行動を誤解している方も一定人数おられるのが現状です。不適応行動は実は「得をしている人が居る」のですが、その理由とは?

 

こちらの方に書かせていただきました。

 

それだけ身近にありながらもなぜ、行動はコントロール出来ないのでしょうか?

やる気、モチベーションを上手にコントロールするために、行動分析学、一度目を通して見て下さい。

 

詳細はこちらから。

https://asqmii.com/jijico/2017/12/05/articles29374.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です