170616ikikatakaikaku

発達障害を持つ子の母子ためのその人らしさを活かした稼ぎ方と生き方をマスター

生き方改革塾のご案内

□我が子は発達障害ではないだろうか

□本人なりのペースがあるが、それを会社に分かってもらえない

□コミュニケーションで引っかかり、仕事がしんどそうである

□親である自分が居なくなったあと、我が子は一人でやっていけるか心配である

□副業や自分らしさを発揮させてやりたいが、何から始めたらいいか分からない

□そもそもうちの子にあった副業(や居場所)が分からない。

 

このような発達障害を背景に持つ方からのご相談を非常に多く受けます。

「私が生きているうちはいい。でも居なくなったあと、この子は一人で生きていけるのだろうか?」

「コミュニケーションが苦手な我が子がいつか行き詰まりそうで心配です。でもいざそうなったときに、この子は自分で居場所を作れるのだろうか?」

 

現代社会は1つのビジネスのスピードが早くなったため、今までは1つのスキルを身につけることで一生働いて行けた時代から、変化してきています。

 

さらに、そういった環境の中、待遇の悪化の心理的しわ寄せは当たりやすいところ、つまり、発達障害を持つ方に向きやすいというダブルのしんどさもあります。要は何かあったら「あいつのせい」扱いされることが非常に多いのが今の日本の社会です。

 

それでは、こんな世の中に、あなたの愛する我が子を合わせていく必要はあるのでしょうか?

 

「訓練で良くなりますか?」

<ソーシャルスキルトレーニングで一定出来るところも増えますが、根本的な解決に至らないことが多いです>

 

「我が子のしんどさを会社に配慮してもらいつつ働くことは出来ますか?」

<手帳なしで配慮を求めると、逆効果になることがあります。またご本人が「自分で出来る」とこだわり、受け入れられない場合もあります>

 

 

これらの強い思いは実は「働かねばならない」という無意識の発想から来ています。

決して働かなくていいという意味ではありません。

 

楽しく働きつつ、かつ自分の居場所を作る方法が存在するということです。それが稼ぐということです。働くことと稼ぐことの違いについて理解をすることで、きっとあなたもあなたのお子さんも楽になります。

 

生き方改革塾で愛するあなたのお子さんを自分らしくのびのびと活躍出来る、そんな力を母子で一緒に身につけて行きませんか?

日時:2017年6月16日(金)18時~20時半

2017年6月17日(土)13時~15時半

場所:NLC心斎橋ビル(北側に入り口があります)7F小会議室(エレベーター上がって右手にあります)

大阪市中央区南船場3-7-27

https://goo.gl/Mvxn8y

 

申し込みフォーム https://goo.gl/ZErBNR

ご質問は、

メール:info@cbtskill.com

LINE:@funabiki

HP:お問い合わせ窓口

http://wp.me/P72m7a-2d

いずれかまでお問い合わせ下さい。

※)https://line.me/R/ti/p/%40dpd9750xで、発達障害児者支援情報を配信中です。こちらにもご登録をしておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です