大阪一点突破カウンセリングCBT臨床心理士の舩曳です。

 

さて今回は習慣と不安ということについて書いてみたいと

想います。

 

昨日仕事終わりに友人とお茶していたときに

「従業員の時に習慣化すること」

「起業家にとっての習慣化すること」

は気持ちの上でもたらす結果が違うということに

気付きました。

 

従業員の時には毎日同じ時間に通勤し、

同じような仕事をこなし、前例に従い行動している。

つまり習慣化すると、安心することが

多くなるように感じます。

 

・従業員の方にとって習慣化とは安心に繋がるもの

 

と言えるでしょう。

 

では経営されている方にとっての習慣化とは

どういう気持ちの変化をもたらすのでしょうか。

 

経営をされている方にとっての習慣化、つまり慣れとは、

最初は新しく創めた事業やビジネスプランを、

経験を積み、一つ一つ積み上げて行くことで、

スピードや熟練度が上がることだと思うのですが、

成功している方ほど、慣れを嫌っているように

感じます。

 

どういうことかと言うと、成功されている方は、

慣れによる心の甘えに敏感で、

甘えが事業の足を引っ張らないように

出来るだけ新しいことに

チャレンジしているように感じるのです。

 

たとえ今うまく行っているビジネスプランがあったとしても、

ちょっとした変化、追加をし、

世の中の流れにより合った形で

サービスを提供しています。

 

今は、

・コスト削減

・先払い

があらゆるビジネスのテーマだと感じています。

 

お客様に飽きられないようにという意図もあるのかと

想いますが、実際は自分自身の甘えを排除するために

されているというのが本当のところではないでしょうか?

 

成功している方ほど、自分の心の動きに敏感なんだなと

感心しながら心のことながら逆に学ばせてもらっています。

 

以前メンターに

「目標は達成する直前に、次の目標を設定することだ」

と教わったとがあります。

 

横ばい、同じことのルーチンに陥る前に、

自分で甘えを排除するためにいただいたアドバイスだと

最近気付きました。

 

ちょっとだけ背伸びをすること(業界では

「ストレッチ」と呼びます)で、自分の甘えを排除し、

次の戦術を練り続ける。

 

起業家にとっての習慣化とは甘えに繋がるものと捉え、

ちょっとだけ背伸びをするのが、いいように感じます。

 

ブログの更新通知、

またお得な特典無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

が登録時にもらえる、

メルマガ登録はこちらから。

119.26.105.193

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です