マインド

成功するための最短コースとは

おはようございます。
大阪一点突破カウンセリング臨床心理士の舩曳です。

「その業界で成功したくて、あなたに知識がないなら、
まずはその業界に詳しい人に教えを乞うのが、成功への一番の近道である」

カウンセリングやコーチなどは言うに及ばず、
コンサル、出版、行政など考えうる全ての業種・業界で
その道のプロに教えを乞うことは一人でやる場合の
何倍ところか何百倍も早く成功にあなたを導いてくれます。

しかしその一方でこうも言われています。

「本当に成功したかったら、教えてもらうばかりでは駄目だ。
自分の勝ちパターンを見つけないと」

これもよく聞くことだと想います。

ですが、上の「教えを乞う」ことと
この「自分で勝ちパターンを見つける」は
一見矛盾しているように見えます。

どちらが正しいんでしょうか?

まずあなたにお聞きしたいのですが、
どちらが正しいと想いますか?

考えて見てください。

・・・ちゃんと考えていただきありがとうございます。

何度も繰り返しお伝えしているように、
「自分で考えて見てください」と言われて考える人は全体の20%、
そして自分なりの答えをちゃんと出す人がその20%(最初から考えると4%)だと言われています。

なのでまず考え、
自分なりの考えを持てた人はそれだけでも上位の4%に入っていますので、
それだけでも十分素晴らしいことだと想います。

さて、本題に戻りますが、
上記の2つのうちどちらが正しいかと言うことに関しては、
私なりの見解では、「どちらも正しい」です。

「でも矛盾するじゃないですか!」

そうおっしゃるのもよく分かります。

大事なことは「基準を持つこと」です。

まず自分の中に基準がなければ、
その業界に精通している人に教えてもらい、
基準を自分の中に持つ。

自分の中に基準を持ったら、
次は自分でその基準を元にして、
その上に試行錯誤した自分なりの『何か』を積み重ねる。

「ああ、なるほど。順番として、
①教えてもらい基準を持つ、
②試行錯誤して自分の勝ちパターンを創る、なんだ」

ここまでが一般論です。

え?と思われた方にはもう少しこの続きをお伝えします。

最初に「その業界の基準を持つために教えを乞う」
というのはある意味正しい。

ですが、その前に自分なりの仮説を持つことが
もっと大事なことだと想っています。

「まっさらな気持ちの方がいいんじゃないの?」
という誤解は後で解きますので、先に説明を続けます。

例えばある業界で成功した人が出版をしようとする。

当然、プロデューサーについてもらった方が早いです。

ですが、同時に「後で捨ててもいい」自分なりの仮説を持っておく。

例えば本の目次のタイトルや、本を書くならどこから書くのかを考えておく。

そうすることで、間違っていたとしても、
「自分の仮説とどの程度違っていたのか」が
自分の感覚として分かるようになります。

この「後で捨ててもいい」というのがポイントです。

業界の知識がないのだから、
後から捨ててもいいという気持ちで、
こだわりなく自分なりの仮説を持っておく。

そうすることで、
今度は自分なりの基準を持つスピードが上がってきます。

現在地を知らずに山を登ろうとしたら、
毎回ガイドが必要になります。

なので、にわとりが先か卵が先かではないですが、
教えを乞うことと、試行錯誤して自分の基準を創るはどちらが先ということではなく、
どちらも同時に必要なことであり、

かつそれは「あなたがいつまでにどこに行きたいかに掛かっている」と言うことが出来ます。

自分なりの基準をちゃんと持ちたい方は、
教えを乞うことと同時に自分の中の基準を試行錯誤しながら
創っていく必要があることも知っておいてもらえたらと思います。
明確な基準の作成には視覚化が有効です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です