大阪一点突破カウンセリングCBTの舩曳です。
今回はマンガで学ぶ心理学の時間です。
「持っていないモノを数えない。わかるかその意味が…

 

あの時ああすればとか…あそこでこうならとか…つまり手に入らなかったモノだ。
手に入らなかったモノは、もともとなかったモノなんだ。
ないモノはねだっても出てこない。
いつも「今」だ。
数えるな…ないモノはない…数えていると今手の中にあるモノを見逃す。
失敗は忘れなくていい…だがソレを数えるな。いつも自分の手の中を見ろ」
私が好きな言葉です。
心理学で言う、焦点を当てたものに引き寄せられるということですね。
うまく行かないことに焦点を当てると、うまく行かないし、

うまく行ってることに焦点を当てると、

そのときの結果はどうあれ次に繋がることが多いってことです。
大事なことは今手の中にあるものを見つめること。

手に入らなかったものはもともとなかったこと。
したかった仕事や大好きだった人など。あなたの手元に来なかったことに意味があります。

今手を伸ばせば届く範囲に居る大事な人たちを守ることにまずは全力を尽くしませんか?

 

臨床心理士 舩曳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です