大阪一点突破カウンセリングCBT臨床心理士の舩曳です。

 

【人より突き抜けるということを理解するためのたとえ話】

鷹が木の上で何もせずに座って休んでいました。

小さなウサギがその鷹を見て尋ねました。

「僕もあなたみたいに何もせずに座っていていいですか」 

「どうぞお好きに」鷹は答えました。
そこでうさぎは鷹が休んでいる

下の地面に座り込みました。

 

すると突然キツネが現れ、

うさぎに飛びかかって食べてしまいました。

教訓:

何もせずに座っているだけでいたいなら、

とても高いところで座らなければいけない。

あなたは

【休みたい】

と思う時はありますか?

さて、今日の本題です。

あなたは目標をどの段階で立てていますか?

もちろん最初目標設定(事業なら事業計画)を

立てたときに立てることでしょう。

事業なら年商がどのくらいで、

お客様はどのくらい居られて、

支店はどうするなんて話も

書いてあるのかも知れません。

じゃあ、達成後その次の目標は

どのタイミングで立てられていますか?

私は、必ず事前に決めた

目標の達成前には次の目標を立てるようにしています。

理由はいくつかあるのですが、

大きな理由の一つはモチベーションを切らさないためです。

自分のモチベーションって一回切れたら

立て直すのが大変なんです。

 

 

切れるというのはおかしいですが、少

なくともホッとする時間を

意図的に作らないようにしています。

これは賛否両論あるでしょうね(^^;)

そしてもう一つの理由は、

達成後にすぐ次に動くためです。


売り上げの目標を上げるのであれば、

そのための戦略は

今の目標を達成する前に立てておく必要があるのです。

でないと、ちょっとした空白、

  間

が出来てしまいます。

一時的に達成ではなく、

次々ステージを上げていくために、

今の戦略と次の戦略を

繋げて考えてみると面白いと想います。

もちろんですが、

最初はそんなに連続性を持って、

次々目標をつなげていくのは

かなりハードルが高いです。

 

 

しかし、これも慣れです。

 

数稽古するなかで、

量から質

が生まれますので。

 

 

まずは素直に一度

取り組んでもらえるといいですね。

 

ブログの更新通知、

またお得な特典無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

が登録時にもらえる、

メルマガ登録はこちらから。

119.26.105.193

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です