■公私ともに悩んでいる人は約4

「仕事やプライベートを問わず、何か悩みはありますか?」と尋ねたところ、半数以上(57.3%)の人が「はい」と回答。仕事とプライベートでは、どちらの悩みが多いかといえば、「両方(37.2%)」が最も多く、「仕事(32.0%)」、「プライベート(30.8%)」が続いた。公私ともに悩みを抱えている人たちは、つねに心が休まらない状態といえよう。

悩みの原因については、「人間関係(50.6%)」を筆頭に、「体力の低下(42.4%)」、「環境の変化(23.3%)」が続く。

ミッドライフ・クライシスを引き起こす原因で悩んでいる人は多いことが明らかになったが、具体的にはどのようなことに悩んでいるのかジャンルごとに紹介したい。

■仕事に関する悩み

悩み1「仕事はできるけど、YESマンにはなれないので、未だに平社員、かといって業績好調な会社ではないので、自分の考えは間違っていないので、余計に悩み中」

悩み2「社長との意見や相性が合わないから、精神的に疲れる」

悩み3「このまま今の仕事を続けていて未来はあるのか」

仕事に関する悩みは、「転職」にまつわるものが多かった。職場環境や人間関係に悩んだり、業績に不安を覚えたりしたときに、「このままでいいのだろうか?」と考えてしまう人は多い様子。すでに転職活動を進めている人がいる一方で、ストレス解消法を見つけてその場をしのいでいるという声も見受けられた。

■家庭に関する悩み

悩み1「常に何かを批判してきたり文句を言ってくる傾向があり、一緒にいることがしんどくなることがある。距離を取って付き合っているが、やはり精神的なダメージになることもある。かと言って、別れるにも至れない」

夫や妻にイライラして、離婚にまで発展してしまうのもミッドライフ・クライシスの特徴のひとつ。言い争いを避けるためにグッと我慢していることもあり、さらにストレスを抱えてしまうケースも見受けられた。

悩み2「収入が少なく、子供にお金が掛かる今後が心配」

中年期を迎えると、子どもの進学問題が浮上することもあるはず。夫婦共働きで進学費用をねん出することは珍しくないが、専業主婦が、社会に出ることに対して不安を抱えてしまうケースもあるようだ。

■健康に関する悩み

悩み1「疲れが取れにくく、体が重く感じる事が多いです」

30歳を過ぎたころから体力の衰えを実感する人も多いだろう。体力作りに励む人もみられたが、日々の疲れがとれず、なかなか対策できずにいる人も目立った。

悩み2「メンタルの面で社会人になってから急激に弱くなり、休むことがたびたび起こっている。しかし、それがすでに何度かなっているため友人にもあまり言えないことであるし、それが外に出ていくことに抵抗があったりと逆効果になって改善がされていない」

ストレスが積み重なり、心の病を抱えてしまう人も見受けられた。リフレッシュするように努めているものの、なかなか改善されずに悩んでしまう様子がうかがえた。

■プライベートに関する悩み

悩み1「同じ趣味を持つ同士で話をしても深く掘り下げた話ができなくてつまらない。人と会うのは楽しいが好きなことを十分楽しめない気分が常にある」

大人になると、新たに友人を作ることが難しくなる。旧友ともなかなか会えず、寂しい思いをしている人は少なくないようだ。

悩み2「結婚したくないが、親を安心させたいので結婚しなければならないと思うのが悩みです」

結婚や出産にまつわる悩みも多数寄せられた。「子どもがほしいけれど、なかなか授からない」、「結婚しろと周りがうるさい」など、当人にしかわからない悩みも多い。

 

ミッドライフ・クライシスの認知度は1割弱

これらの結果から中年期の男女がさまざまな悩みを抱えていることが明らかになった。これらが原因で、ミッドライフ・クライシスを引き起こす可能性があるわけだが、このミッドライフ・クライシスを「知っている」と回答したのは7.7%だった。まだまだ認知度は高くはないようだ。

 

ミッドライフ・クライシスを乗り越えるには、自分の悩みと向き合い、改めて人生設計を行うことが重要と言われている。「このままでいいのか?」と考えたときに、単なる「悩み」と片づけてしまうのではなく、専門家などにアドバイスを求めることも大切かもしれない。

以上マイナビニュース ヘルス編より抜粋

 

この特集からも分かるように、

「30代、40代に入り、悩みの質が変わった」

 

このようにおっしゃりながら、ご相談にいらっしゃる場合が

とても多くなりました。

 

□自分の人生このままでいいんだろうか?

□しかし今のライフスタイルを変えるにはどうしたらいいか分からない

□そもそも自分は何をしたいんだろう?

□こんなことを考える自分はダメなんじゃないか?

□考えても仕方ないことばかり考えてしまう。昔はこんなんじゃなかったのに

 

などなど数多くの悩みを抱えた方が日々、私の元へご相談に来られます。

 

この他にも経営者の方たちから、

経営を通した、自分のあり方や立ち位置、

次のステージに至る際の悩みをお聞かせいただくことが

多くなりました。

お話を聴かせてもらう中で、孤軍奮闘されてきた想いを

労いたい気持ちでいっぱいになります。

 

これらの

「自分のあり方」

「これで合っているのかという確信(自尊感情含める)」

「人生観(自分の人生を振り返る、足りないものを今からする)」

「変えるための具体的な方法」

 

について、行き詰まっている方は今こそチャンスだと

私は考えています。

 

今、あなたに変革のチャンスが訪れようとしています。

このタイミングを逃すと次はもうないかもしれません。

 

人が変革をするのは、必ず負荷がかかったときです!

順調な時には変革は起こりませんし、起こっても小さなものです。

 

今、漠然とでも

「この先の不安」「自分の人生、本当にこのままでいいのか」

を感じておられる方は、

是非以下の心理学や、行動分析学、

パフォーマンス・マネジメントの技法を学び、

自分の人生に満足感をプレゼントしましょう。

 

また、少しずつ自分の人生を切り開く勉強をしたい

という方のために、隔日で配信するメール講座も実施中です。

 

人間はしようと思っていることでも次の瞬間には忘れる生き物なので、

しようと思ったこの瞬間がチャンスです。

 

 

オープニング記念無料Eブックもプレゼント中です。

221.93.30.134

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です