一点突破思考術や人生の処方箋では、

一番大事にしていることがあります。

 

そのことを説明するために、

一つ話を聞いてください。

 

SnapCrab_NoName_2015-9-23_10-2-11_No-00

 

ドラゴン桜の続編で「エンゼルバンク」というマンガの中の1ページです。

 

主人公井野真々子は龍山高校を辞め、

転職代理人としてスタートを切ります。

 

そこで転職がうまく行ったと思った相手から

結局連絡もなく、転職は失敗します。

 

そのことを上司から

「なぜそうなったか」を説明されている場面です。

 

ここから分かることは

「人の気持ちは変えられない」

ということです。

 

パフォーマンス・マネジメントを使えば、

行動のコントロールをすることは出来るようになりますが。

 

この例のように相手の気持ちや行動を変えようとすることは結構なストレスになります。

 

なので

「満足感を得ようとするなら、何とかならないことを考えるよりは、自分が既に持っているものの中で何とか出来ないか考える」

 

ということです。

 

最終的な到達地点として是非知っておいて欲しいのです。

 

あなたが注力すべきは、

なんともならないもの<何とか出来るもの

です。

 

具体的には

・他人の行動や気持ち、感情

・過去

・病気

・身内の不幸

などはその結果が起こった時には既に時遅しです。

 

それに思いを巡らすよりは、

・自分の行動で、相手の感情に影響を及ぼせるものはないか?

・過去の経験を元に、次同じ失敗をしないためにはどうしたらいいか?

・病気を取り除くのに一番早くて、自分の身体にダメージが残らない方法とは?

・身内の不幸の源泉を取り除くのに自分が出来ることはないか?

 

の方が同じエネルギーを注ぐにしても、結果がついてきます。

 

特に部下や家族、の感情や気持ちは何とかしようとすればするほどしんどくなります。

 

もしあなたに悩みがあって、最初にすべきことは「仕分け」です。

 

自分の出来る範囲内のことなのか、その外にあることなのか?

 

外にあることに悩んでも時間の無駄です。

 

逆に自分の手に持っているものに焦点を当てることにこそ、あなたの悩み克服はあります。

 

是非今一度、「ご自身の手の中に持っているもの」に注目してみてください。

 

このような「中年期の悩みをどうしたらすっきり解決出来るか~一点突破思考術のススメ」無料メール講座好評受付中です。

下からお申し込みください。

 

特典として、「経営者の悩みの実際」無料レポートプレゼント中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です