104 11

今日は発達障害をお持ちの方向けにお話ししようと思います。

ただカウンセリング一般のことも含まれるので、

それ以外の方でも読むと気付きがあるかもしれません。

 

よく発達障害お持ちの方から、

数年、数十年分の恨みを聴くことがあります。

 

そのこと自体はダメとは思っていないのですが、

そのことに囚われていると、

おそらくしんどいのだろうなと思いながら、

お話をお伺いしています。

 

一定お話を聴いてから、

その後ですがいつもお伝えしていることを

今回はお伝えしようと思います。

 

今ここで

自分がセミナーをするのもあって、

時々他の先生のセミナーに潜り込ませてもらうことがあります(笑)

 

その際に聞いたのが分かりやすかったので、

それをシェアしますと、

 

「(嫌な父から逃げるために)アメリカに留学したが、

そこの担当教授にこう言われた。

◯◯(名前)は、こんなアメリカにまでお父さんを連れてきているね」

 

こう言われたそうです。

「いや、父と離れるためにここに来たんですけど・・・」

と彼は正直最初はそう思ったと言います。

 

でも彼の行動原理には「父」が影響していて、

その嫌な父から離れるために、

今でも口癖は、

「あの父のことが嫌いでアメリカまで来ました」

だったそうです。

 

カウンセリングでは、

 

【今ここで】

 

をとても大事にします。

 

過去に虐待や、ひどいいじめ、などあったとしても、

焦点を当てるのは、

「今ここで」の気持ち

なのです。

 

上記の先生はその教授の言葉にハッと気付き、

人間として一皮も二皮も剥けたと言います。

 

では心理学で言う、

「今ここで」

というのはどういうものかをもう少し説明してみましょう。

 

何は変えられて何は変えられないのか

究極これです。

 

過去と他人は変えられないが、

未来と自分は変えられる。

 

過去や他人のしたことが許せないのは

たくさんお話を聴かせていただくので、

分かります。

 

そこの否定はしません。

ただ、理屈だけでも、

「あぁ、過去は変わらないのか。じゃあ今は何を考えるのが建設的かな」

そんな風に考え方を変えるだけでも

色々な気付きがあります。

 

今ここで、変えられることにあなたも

目を向けてみませんか?

 

そして今の言葉に出来ない思いは

言葉にしつつ、

今自分が出来る最善を

一緒に見つけませんか?

 

普段のカウンセリングでは

こういったことをしています。

 

ご相談はこちらから。

 

臨床心理士の舩曳@大阪

読売新聞グループ マイベストプロパートナー

bur_img02

 

 

30分無料電話相談対応&スカイプ相談対応実施中

40uvgbb4fmt7ofq1475384469_1475384557

qtez53dt3czfklh1475449889_1475449928

 

 

無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

はこちらからダウンロード出来ます。

4yg6e6xwdjucm1h1475449972_1475450026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です