大阪 一点突破カウンセリングCBTの舩曳です。

時々尋ねられるのですが、CBTはConcentrate Break Throu(一点突破)の略です。

認知行動療法(Cognitive Behavior Therapy)の略ではありません(^^ゞ

 

ポジティブ、ネガティブという言葉がありますが、今回は少し突っ込んだ話をしたいと思います。

 

これは私のセミナーのワークでも実施していることなんですが、

「分からない」

という言葉を言葉に出さなくても、頭の中でぐるぐる回しているだけで、人の理解力は驚くほど落ちます。

 

その反対に本当はよく分かっていなくても、

「分かる」

と頭の中で繰り返して言っているだけで、理解力は向上します。

 

これは潜在意識の活用方法の一つなのですが、「分からない」と口に出す、あるいは脳内で考えるだけでも、脳はいわゆるシャットダウンモードになり、それ以上理解しない脳みそになってしまうからです。

 

なので一番強力に理解力を落とすためには、「分からない」と口に出すこと。

これが仕事や対人関係で残念な結果を出す方の特徴です。

「分からない」はそれ以上知ることや考えることを放棄することに他なりません。

 

では、どうしたらいいか?

1.「もっと情報を与えられれば、理解出来ると信じる」

「分からない」のは情報が足りないからであると理解し、「それどういうことですか?もっと教えてもらえますか?」と、足らずを埋めるような発想をする。人により、腑に落ちる言葉は異なるが、基本的には「分からない」で途切れさせない、「じゃあもっと教えてもらえたら理解出来る」と信じることが一つの解決方法になります。

2.シンプルに「分かる」と頭の中で言いながら繰り返す。

・人は同時に複数のことを考えることは苦手

であることを利用して、「分かる」と頭の中で繰り返しながら聞けばいいです。それでも分からない場合は、1も合わせて使い、「もっと教えて下さい」と尋ねる。

 

これまで多く人材教育の場面を見てきましたが、どの教育も初期段階、つまり基本的なところで躓いていることが多いです。

「分からない」と部下に言わせたらダメなのは分かっているけど、なぜなのか分からない。

 

そんな時に最初の研修で「分からない」と言うことの残念さを伝えていただけたらと思います。

社内人材教育、モチベーションコントロール、パフォーマンスアップ、行動マネジメント詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です