Image001

臨床心理士の舩曳@大阪です。全国電話&スカイプ相談対応中です。

 

今日は「人生をよりハッピーに感じるためのちょっとした考え方」というのを話してみたいと思います。

 

私がご相談を受ける方の多くは、悩みを持ってご相談に来られます。

その内容は本当に様々で、自分がその立場になったら同じように、いやもっと苦しんで悩むのではないか、そういう悩みも多々あります。

 

しかし、逆に自分であれば、こういうところに着目して克服していく方法を今回はお話させていただきますね。

 

そうなる運命だった

正直、人の運命はどうなるかなんて分かりません。ですので、こう考えるのです。

 

「確かに今のこの状態はしんどい。もしかしたら過去の選択を変えたらもっと楽になっていたのかもしれない。でも、その嫌なことは、自分がどんな選択肢を取ろうとそうなる運命だったのだ。だから過去の選択を間違えた、ではなく、【じゃあ、どうするのがいいだろうか?】」

 

と考えるのです。もちろんこうしなさいという意味ではないことはお分かりのことかと思います。

 

・あの時の選択が

・あの時の言動が

・あの上司にさえ出会わなければ

 

そう思う気持ちも分かります。しかしそれを言っても、今のあなたの苦しさは全く変わりません。

ですので、「元々そうなる運命だった」と考えるのです。

 

その上で未来に向けて何が出来るのかを考えるのです。

 

焦点を当てるべきは自分と未来

心理学の世界のみならず、一度は聞いたことがある内容でしょう。

 

「過去と他人は変わらない。だから未来と自分に焦点を当てるんだ」

 

です。

過去から学ぶことは必要だと思います。失敗やダメージを負った経験からは次への反省や改善点を学んで下さい。

 

うまく行かない時期もあります。

その時には充電期間だと割り切り

 

「どれだけたくさん、色んな種類の失敗が出来るか数えてみるか」

これくらいの余裕があるとなおいいでしょう。

 

過去にとらわれるのではなく、あくまで反省の一材料として、未来に目を向ける。

その方が人やお金のエンはあなたに集まってきます。

 

ブログのバックナンバーはこちらから。

 

 

無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

はこちらからダウンロード出来ます。

無料レポートお受け取り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です