YUKA863 Kaugirl15175149 Thumb Autox1000 22039

大阪一点突破カウンセリングCBT臨床心理士の舩曳です。

 

今日はプレゼン力について書いてみたいと想います。

 

実は今までにこんなメールやクロージングをかけられたことがありました。

 

「(何の前置きもなしに)自分は起業しようと思っているんですが、とりあえず一回会ってみませんか?」

「なんかしんどそうですね?実はいいのがありますよ(とネットワークビジネスの商品を売ろうとされた)」

 

皆さんがこういうことをされたらどう感じるでしょうか?

PR先着400名様限定!あなたは参加出来ないかもしれません

SnapCrab_NoName_2016-7-14_16-42-39_No-00

以前も書きましたが、自分があまり面識のない方に連絡を取りたいと思うときには、気をつけていることがあります。

 

それは、相手の立場で考えること。

すなわち、自分が相手ならまず知りたいであろう情報は先に出すということです。

 

具体的には

 

・自己紹介(自分のことを知ってもらう)

・連絡をする相手のどこに興味を持ったのか?

・会いたいと思った理由

・もし会ってくれるなら相手が会うメリット(自分が格下なので最低でも会いたい熱意を伝えること)

・返事をもらえたなら出来るだけ早くに返事を書くこと

 

などなど。書いたらキリがないくらい気をつけていることがあります。

 

またクロージングを取るときにも商品やサービスを買ってもらおうとはしたことがありません。

なぜならというか普通に考えたらこの方法では仮に一回買ってくれたとしてもリピートはまず起こらないからです。

 

プレゼン力とは「相手の立場を考え、相手の想いに沿った形でコミュニケーションを取っていく

 

この一言に尽きると想います。

 

さて本題に戻ります。

 

自分が連絡を取りたいと思う方はすごい方たちばかりなので、とてもお忙しいと考えています。

なので気軽にアポを取ることは難しいはずです。

 

「まず会ってみませんか?」とは恐れ多くて言えないわけです(逆に気軽に言える方がうらやましくもありますが)。

 

またクロージングを取るのも相手が困ってることや悩んでいることに「自分から」焦点を当てたらあかんわけです。

 

もし焦点を当てさせるなら「相手から」です。

ニーズは相手に言わせるべきです。

 

そのためのテクニックは是非成功している方に学んで下さい。

自分も教えてもらったとき、目からうろこが落ちました。

 

スピーチでのプレゼン力も、文章でのプレゼン力も、もしかしたらこういうブログでのプレゼン力も、最終的には同じところに行き着くと想います。

 

相手の気持ちをまず理解し(あるいは理解しようとし)、その状態に合わせた自然な形で話をしていく。

 

そうして一緒にWin-Winの関係を作っていけたら、楽しいと思いませんか?

 

ブログの更新通知、

またお得な特典無料レポートPDF

「成功するためのマインドセット」

が登録時にもらえる、

メルマガ登録はこちらから。

119.26.105.193

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です