Meigen1

大阪一点突破カウンセリングCBTの舩曳です。

震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に
復興に尽力されている皆様には安全に留意され

ご活躍されることをお祈りいたします。

 

今回は自分のやってしまった失敗からお話したいと思います。

 

ニーズがない・・・駄目だこりゃ

おかげさまで、裏HPの方のメントレプラスの方を見て、

メンタルトレーニングをご依頼いただくことが増えて来ました。

 

本当にありがたい限りです。

 

しかし、ここに書くのも恥ずかしいことを

駆け出しの頃にやってしまっています。

 

基本的に私はカウンセリングの治療契約を結ぶ場合も、

メントレを開始する場合も、

依頼者のニーズ

を明確にしてからお引き受けしています。

 

なのですが、ついお知り合いの方の企業様だったので、

ニーズの把握と伝えたいメッセージを見切りで判断してしまいました。

 

どうなったかというと・・・アンケートから満足度が高いことは分かったけど、

正式な依頼には繋がりませんでした。

 

というのも、実は依頼とは言っても、

試しに私の力量を見てから依頼したい

という内容であったため、

・無料でお試し

・ニーズも曖昧

なままで引き受けてしまったからです。

私の方も駆け出しなので、

あまりハードルを上げ過ぎるのもなと思っていた節はあると思います。

 

ちなみに言い訳をさせてもらうと、

おそらく依頼主である社長さんはこのニーズがあるだろうけど、

気づいていないだろうなというところを狙って、

相手のセンス頼りのプレゼンをしたのです。

 

結局残念なことに、

その思いは企業様には伝わりませんでした。

 

それ以来、明確なニーズがない状態での

カウンセリングやメントレではお引き受けしないようにしています。

 

お互いに時間の無駄遣いだと思いますので。

 

もしあなたが今何か対人関係や仕事の営業等で悩んでいるなら、

もしかしたら、ニーズの把握が甘いのかもしれません。

 

私と同じ失敗をしないよう、

是非反面教師にして下さいね。

 

【ニーズとは、相手が口にしたもののことである】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です