■死ぬまでに叶えたいことありますか?

「あの時に戻れるなら」

全てを失った今だからこそそう思うのかもしれない。

 

百田は自分の一生を振り返る。

結局何も選ばなかった。その一言に尽きる。

 

選択のチャンスはたくさんあった。でも見ない振りをしてきた。

選ぶということは、すなわち選ばない方を切り捨てるということだから。

だから自分は選ばなかった。

 

今のままだと先が見えないことも分かっていた。

しかし、日々の仕事の忙しさを理由に、その先を考えようとしなかった。

「時間が解決してくれる」

「いつか自分に合う職場が見つかる」

「そのうち自分を理解してくれる上司(や部下)が現れる」

「運さえよくなれば何とかなる」

全て幻想だった。どこで間違えたのだろうか。

 

死の間際になって、選択しなかった後悔が押し寄せる。

「次に生まれたならせめて後悔しない生き方をしよう」

 

そう決意し、百田は長い眠りについた・・・

 

 

唐突ですが、

「あなた半年後に死にますよ」

そう医者から告知されたらどうしますか?

あなたは今の人生に満足していますか?

後悔しない生き方をされていますか?

今の悩みはいつか解決しそうですか?

不安にはコントロール出来る方ですか?

 

そう告知されたとき、

あなたは「あれをしておけばよかった」

そんな思いはありませんか?

 

■タイムリミットは日々刻まれています

自分は今40歳です。

日本人の平均年齢である80歳までは残り40年です。

 

これが今これを書いている間も、刻一刻と減って行っています。

 

始めるのに遅すぎることはありません。

ですが精力的に働けるというのはもしかしたら10年足らずかもしれません。

 

■しなくていい理由を探すのもあなたの自由

10年とは中学校に入った子が大学を卒業するまでの期間です。

あなたのその10年を振り返って見てください。

あっという間ではなかったですか?

 

長いと見るか短いと見るかはひとそれぞれだと思いますが、

10年という年月は

もしかしたら今なら出来たことが、

出来なくなっているかもしれません。

 

 

そういったことを踏まえて少しの時間振り返ってみてください。

そしてこの先の10年を想像してみて下さい。

 

 

今の選択の先にどんな未来が待っていますか?

10年先の自分は笑っていますか?

「もういい年だから」

「家族が居るから(チャレンジ出来ない)」

「もう考えるのが億劫だ」

「新しいことにチャレンジするのは不安だ」

その理由でご自身が心底納得出来るなら、

それでいいと思います。

 

 

しなくていい理由を最終的に選ぶかどうかは

あなたの自由です。

 

ただ少しでも心の片隅に何か引っ掛かりを覚えておられるのでれば、

そこには「変われるチャンス」があります。

 

■選択の基準を変える

あなたのこれまでの選択では満足出来なかったものを、

この先解決していくだけの力があなたには備わっています。

SnapCrab_NoName_2015-9-12_11-51-21_No-00

現在のあなたを作っているのは、

過去の自分の選択です。

 

何もしなければ、未来は①のようになります。

選択の基準が変わらないと現在と同じ気持ちのままです。

もし未来を変えたければ、

現在の選択の基準を変える必要があります。

 

■見える景色が変わる

まずは一歩動いてみましょう。

一歩動くとそこから見える景色は変わります。

見える景色が変われば、

そのことをきっかけに何か変わるかもしれません。

 

人間にも慣性の法則があり、

止まっているものは止まり続けようとし、

動いているものは動き続けます。

 

本当にしんどいと感じるのは

「最初の一歩だけ」です。

 

あとはメール講座でもお伝えしている

「自分を思い通りにコントロールする技法」

を学べば、選択の基準は間違いなく変わります。

 

■悩みはチャンス

それがあなたに悩みという形となって教えてくれているのだとしたら、

あなたはどう感じるでしょうか?

 

今悩みの種になっている上司はあなたの成長の糧かもしれません。

 

今心に影を落としている病気は、

あなたに大事なものを

気づかせようとしているのかもしれません。

 

大事なことは

今ある体験から何を得るか

です。

 

ネガティブに受け取るも、

悲惨な出来事からあなたが持っているものに気づくも

全て自由です。

 

■手の内にあるものが全て

まずは今手に持っているものを見つめなおしてみませんか?

「ないものはない」んです。

 

手に持っていないものを考えるよりは、

既に持っているものを見てみましょう。

 

きっとその中にあなたの資産になるものが必ずあるはずです。

 

パフォーマンス・マネジメント技法
視覚化技法
一点突破思考術

【無料メルマガ】縁と円を引き寄せる心理学~


ご登録いただくと、毎月お勧め本や特典がもらえるチャンス!

その他のよくあるご質問はこちらから。

119.26.105.193