■なぜすっきり解決出来ると断言出来るの?

「あなたは既に答えを持っている」

 

すっきりする解決法→あなたの中に答えがあるもの

すっきりしない解決法→あなたの中に答えがないもの

だからです。

 

中には占い師さんから後押しされて

「やっぱり彼に告白したほうがいいよね♪

相談に来てよかった♪」

と思ったことはありませんか?

 

コンサルタントさんに相談する場合は、

むしろ知らないことに価値を見出すことも多いのですが、

その場合も

「自分の知らないことに価値があって、

その知らないことを教えて欲しい

という気持ちに合致するから、納得しやすいという背景があります。

 

占い師さんの例、コンサルの例、

いずれにしても

「本心では聞きたかったことが聞けたこと」

がサービスの満足感に繋がることが多いと言えます。

 

自分で問題を解決する時にも

自分の中に元々答えがあると認識することで

より健全な考え方が出来るようになるので、

メンタルヘルスという観点からも望ましいと言えます。

 

まずはあなたの中にある解決法を導き出すことが大事である

と考えましょう。

 

■自分で解決法を知っているなら、なぜ今自力で解決出来ないの?

逆になぜ解決出来ないんでしょう?どうしたら解決出来そうですか?

 

まずこれまでのことを振り返りながら以下をお読み下さい。

「自分で解決法を知っているなら、なぜ自力で解決出来ないのか?」

それにはいくつか理由があります。

 

1.自分の中に答えはあるが、それが形になっていない。

言葉であったり、文字であったり、イメージかもしれませんが、

まだ形になっていないために、

現時点では解決法を見つけられないことが原因として考えられます。

 

2.認めたくない

悩みを持っていることを認めたくない場合もあります。

(ここにたどり着いておられるので、

ある程度は気づいて居られるかとは思いますが)

こういう場合も、なかなか解決法にたどり着かないことが多いです。

 

また解決法がそれしかないことを認めたくないことがあります。

例えばガンが見つかって手術をしなくてはいけない。

 

手術以外の方法を考えたいけど、その方法を認めたくない、

そういう場合もなかなか解決法を認めたくないために、

自力ですっきりする答えを見つけるには時間がかかります。

 

3.堂々巡りで飽和してしまっている

要は考えすぎて疲れちゃうってことです。

 

少しずつ解決法に至る材料は揃って来ても、

同じことばかり考えていると疲れて来てしまうというものです。

 

よくあるのが恋愛ですね。

振られたけど、やっぱり好き。

連絡来たら、すぐ出て行ってしまう。

ダメだなーと思いつつも辞められない。

もう考えるの疲れたから、

流れに身を任せてしまおう。

こんな恋愛に心当たりはないでしょうか?

 

考えるのに疲れた場合もなかなか解決法を見つけることは

難しいです。

 

4.原因推定の過程が誤っている

材料は揃っているけど、時系列であったり、

因果関係であったり、

材料の組み立て方が分からない場合も

解決法を見つけることは難しいです。

 

例えばあるスーパーの支店で売上が急に落ちた。

 

営業努力が足りないと考え、

広告をたくさん撒いたり、

安売りセールをしたけど、

業績は回復しなかった。

 

ここであなたがエリアマネージャーであれば

売上が落ちた時に分析をさせていたはずです。

 

売上とは

売上=客単価×客数

客単価=商品単価×購入頻度(回数)

客数=新規顧客数+常連客数

新規顧客数=店頭通行料×入店率

+広告媒体(HPやチラシ、スマホアプリなど)×反応率

常連客数=常連客数×頻度×反応率

で表せます。

 

そのため、売上が落ちたと一言で言っても、

客単価が落ちたのか、

客数が減っているのか、

新規顧客数が獲得出来ていないのか、

常連客が離れているのか、

広告媒体の反応率がいまいちなのか、

を分析し、原因を探らないといけません。

 

例えば客単価が落ちたのであれば、

レジ前に手に取りやすいお菓子を置いて見るであるとか、

高額商品を用意してみるとか

売上が下がっていることに対して、

解決法を考えることが出来ます。

 

常連客数の減少は、

転勤等で一定数減っていくのが当たり前なので、

その割合と比較して検討していく必要があるでしょう。

 

またスーパー等ではあまりHPは読まれておらず、

受け身の媒体ではなく、

スマホアプリのように、積極的に情報配信をすることで、

顧客の獲得が出来るかもしれません。

 

このように、

原因推定が間違えている場合は

正しい解決策になりませんので、

状態は改善せず、

解決に至らないということが起こります。

 

■具体的にどうやって解決に至るの?

これまでに色々ヒントを書いて来たのには

お気づきでしょうか?

少し振り返って見ると、

・本心がまとまっていない場合

・その解決法を認めたくない場合

・堂々巡りで同じことを繰り返し考えてしまっている場合

・問題に対して解決法が間違えている場合

には解決法を見つけることは難しいと書いて来ました。

ということは、

・言葉にして、

・自分で解決法を見つけ出し、

・堂々巡りは考える価値のあるものだけを選び、

・問題と解決法を絶えず検証する

ことさえ出来れば解決法はすんなりと

しかも自力で見つけることが出来るようになります。

 

そのためにオススメしているのが、

「頭と心の一点突破思考術」

です。

 

次のページに具体的な方法について説明していきます。

パフォーマンス・マネジメント技法

視覚化技法

一点突破思考術



【無料メルマガ】縁と円を引き寄せる心理学~


ご登録いただくと、毎月お勧め本や特典がもらえるチャンス!

その他のよくあるご質問はこちらから。

119.26.105.193